菊地容疑者、町田潜伏中に空き巣で300万盗難

菊地容疑者、町田潜伏中に空き巣で300万盗難

2012 年 6月 13 日 | カテゴリ:ニュース, 町田市
菊地容疑者、町田潜伏中に空き巣で300万盗難
オウム真理教による地下鉄サリン事件で、殺人容疑などで逮捕された菊地直子容疑者(40)が、高橋寛人容疑者(41)(犯人隠匿容疑で逮捕)と同居を始めた後、「空き巣に2回遭い、300万円を盗まれた」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

 指紋採取を恐れ、警察には届け出なかったという。

 捜査関係者によると、菊地容疑者は2007年春、特別手配中の高橋克也容疑者(54)と暮らしていた川崎市幸区のマンションを出て、東京都町田市のアパートで高橋寛人容疑者と同居を始めた。菊地容疑者はこの際、2人で働いてためた約1500万円の中から、700万円を「自分の分」として持ち出した。

 菊地容疑者はこの700万円を銀行に預けず、自宅に保管していたが、高橋寛人容疑者と2人で旅行に出かけている間に空き巣被害に2度遭い、総額300万円を盗まれたと説明。警察に届けなかった理由については「犯人の指紋と区別するために自分の指紋を採取されると、特別手配犯だとばれると思った」と供述しているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120613-00000696-yom-soci


町田は空き巣に狙われやすいとは思ってましたが、2回も。しかも300万円。
あの家にはいつも大金があると空き巣に思われて、また入られたのかも。
ネットでは同居人があやしいという噂もささやかれていますが、真実はどうなんでしょうね。

コメントできません